砂糖太郎の肥後守      higo1965@excite.co.jp  


by higo1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
黒鞘(いぶし銀色) 鞘長83mm 刃厚1.7mm 重さ19g

チキリ潰無穴無 紐穴有 座金無

状態ファイン

a0185556_1952288.jpg


「青空レトロ雑貨店」のririさんから送って頂いた肥後三菱です
デッドストックで とてもファイン
ririさんは主婦から古物商に転身、生活雑貨や古道具系が主力です
転身前からのブログ友ですから、結構 古いお付き合いですね

a0185556_2011193.jpg


鞘は黒鞘系ですが、いささか毛並みが違いいぶし銀なメッキ
ちよっと不思議な色合いです
刃材から考察すると、宗近系ではないかと思われます
肥後三菱ってコチラでは全く見かけませんね

僕が子供の頃は三菱鉛筆が主流で
鉛筆削り=肥後系ナイフ 
なんて発想な頭ですから、三菱鉛筆と、なんらかの関係があるのかなと思ったけど
どうも関係は一切なさそうです
もし関係があるとしたらマークは、スリーダイヤのはずですから・・・
三菱鉛筆は三菱グループとは全く関係がない企業ですが
スリーダイヤのマークは三菱グループよりも先に使用してます
この肥後三菱のマークは「三階菱」あるいは「重ね三階菱」とほぼ同じですが
「重ね三階菱」は三菱グループ創業者とも言える岩崎家の家紋です

ともかく三菱関連の企業とは関係かなさそうな名称パクリ系と思いますが
三菱創業者の家紋+三菱名称コソーリとパクリ=肥後三菱
こんな発想で作られた肥後ナイフなら遊び心あるなぁと思います
[PR]
# by higo1965 | 2011-04-14 20:49 | 肥後三菱

◇TO 登録 肥後守

梨地肌メッキ三半円鞘 鞘長98mm 刃厚2.2mm 重さ37g

チキリ潰有穴無 両側平座金

状態A+

a0185556_227131.jpg


骨董店モノ
状態は美品の範疇で
鳩目、刃にわずかにサビがあった程度

a0185556_2292674.jpg


鞘のメッキは梨地肌で、メッキの質は良いです
刃材質は全鋼、チキリは潰してあります
両側に鉄製の座金あり
調べてみると販売元は小野市の宮永商店
縦折も存在し、横折もサイズ違いなどあるようです
[PR]
# by higo1965 | 2011-04-12 22:23 | ◇TO 肥後守
昵懇にさせてもらっている家屋解体専門の古物商さんから電話があり
仲間の業者が肥後守、一気に出てきたから引き取ってくれと・・・
縦折が多いからと聞いて、現在は実に仕事が忙しいのだけど

飛んでいきました・・・・

a0185556_21555439.jpg


ダブりがあればいらないので選別するつもりだったけど
横折も含めて、持ってないのばかりだったので
全部、引き取りました

オマケ的なスポーツナイフ系を除いて
縦折10本
横折10本

解体家屋から出てくるブツだからサビなどはあるけど
リペアすればいいし、それもまた楽しいものです

電話くれた古物商のオッサンは仲間の好意で預かっているから
少し高めだけど、いいか?
と言われるが、それでもかなり安くしてもらってます

仕事疲れなんか吹き飛びます
ニコニコしてます
[PR]
# by higo1965 | 2011-04-10 22:13

商標 「長 肥後 別製

鉄鞘 鞘長82mm 刃厚1.6mm 重さ15g

チキリ潰有穴無 紐穴有 座金無

状態D-

a0185556_20452195.jpg


入手時 ↓

a0185556_20461798.jpg


もうすごいサビサビで、刻印のほとんどが読み取れず
ただ、「長」という字が確認できて、「長」刻印の肥後守は持っていないので
お迎え・・
ひたすらサビ鞘を磨き上げ、砥石に当てました

a0185556_20494080.jpg


なんとか刻印が読み取れるまでは磨きました
モノは典型的な学童用で座金などは無し
チキリは俵状に潰してあります
刃材は全鋼のようで、あまり良い刃材ではないようです
この手のカネ長には真鍮色メッキなどがあるようですが
この個体はサビサビすぎて元の鞘色などは分かりません
[PR]
# by higo1965 | 2011-04-09 20:56 | 「長 肥後
真鍮鞘 鞘長54mm 刃厚2.4mm 重さ13g

チキリ潰有穴有 両側平座金

状態ファイン

a0185556_219575.jpg


カネ駒製作の豆肥後
案外、金物店では見かけず刃物店でよく見かけます

a0185556_21111518.jpg


左側の個体は普通の豆肥後です
右側の豆肥後は大阪府茨木市の「刃物の萬屋」と裏面に刻印があります
昵懇にさせてもらっているコレクター様の地元の骨董市で、たまに刃物の萬屋さんが
出店されると聞いてたので、お願いして萬屋さんから直接入手
最後の一本で 刻印が斜めに打ってあるので最後まで残ったのかもしれません
豆肥後は利器材を用いており、小さい為いささか扱いにくいけど
立派に鉛筆くらいは削れます

小さい豆な肥後って可愛いので大好きです

ついでなので手持ちの豆な肥後の画像でも・・・

a0185556_21355362.jpg


豆な肥後ってこの2種しかないようですね

4/30追記
豆な肥後系ナイフは、もっと多く存在するようです

[PR]
# by higo1965 | 2011-04-07 21:34 | 豆肥後