砂糖太郎の肥後守      higo1965@excite.co.jp  


by higo1965
カレンダー

<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


真鍮鞘 鞘長99.5mm 刃厚3mm 重さ49g

チキリ潰有穴無 真鍮平座金

状態ファイン

a0185556_21331356.jpg


復刻版の真鍮縦折の鞘です

a0185556_21342520.jpg


裏面「手打特選」と刻印されてます

a0185556_2136428.jpg


鞘の折り曲げ部は叩いて処理 けどチト雑な気がしないでもない・・・


この復刻版は普通に流通してなくて愛知のコレクター様の計らいで入手
もう1本、裏面の刻印違いの復刻版・縦折も融通してもらいましたがそれは後日にでも紹介予定
刃材は青紙の利器材、チキリは大きく叩いてあるのですが
いささか雑・・・
どうもカネ駒さんのチキリは雑なのが多いような気がします
いやこれは悪口ではなく、カネ駒さんの味みたいなもんです
真鍮鞘の厚みは1.2mmあり厚手であり、たわみもなく剛性は十分
座金は真鍮製の平座金です
鳩目は現行品と同じように丸くて大きいです

なんかこう・・・
真鍮鞘の縦折って存在感アリアリですね
お気に入りです
[PR]
by higo1965 | 2011-04-29 22:00 | 「駒 肥後守

真鍮鞘 鞘長100mm 刃厚2.4mm 重さ42g

チキリ潰有穴無 鉄製菊座金

a0185556_2042650.jpg


カネ定の真鍮縦折です

a0185556_20431197.jpg


刻印は明瞭で良い感じです

a0185556_20442575.jpg


なぜか裏面には「15」の刻印が・・・
謎です

昵懇にさせてもらっている古物業者からまとめて購入した中の1本
いつも「大切にしてくれる人に嫁入りするのが一番じやけん」とお安くして頂いてます
思えば、この古物業者さんと愛知のコレクター様のご好意で相当な銘柄が集まりました
足を向けて眠れませんね

このカネ定ですが初見です
真鍮の古びが良い感じに味わいがあるので磨きません
刃はサビが浮いてたので真鍮ブラシ+消しゴム使用
軽く砥石に当ててますが刃材は全鋼のようです
鞘の厚みは1mmですが、真鍮の材質が良いのかヤワじゃないです
指でグイグイ押してもほとんどたわみません
チキリはやや大きめに薄く叩いてありますがチキリ穴はありません
鉄製ですが菊座金で、ピンはやや細めでチヨコンと叩いてある程度
刻印をよくよく見てみると
「別打(富士の図柄)「定」と「登録 肥後守」微妙にズレがあります
別々に打刻のようです
お気に入りの1本です
[PR]
by higo1965 | 2011-04-28 21:22 | 「定 肥後守

メッキ三半円鞘 鞘長98.5mm 刃厚2.8mm 重さ42g

チキリ潰有穴無 紐穴有 平座金有

状態A

a0185556_22182279.jpg


古物モノですが、複数本抱き合わせで入手した中に混じっていた物

a0185556_22204068.jpg


カネ駒のノビ定は、全鋼や割込などいくつか持っていますが
青紙のノビ定は持っていなかったのでラッキーでした
刃にサビがあり、鈍かったので砥石に当てれば実にベタでピッタリと石に当てやすく
研ぎやすくてラクでした
青紙らしくチキリは大きめに叩いてあり鳩目は太くしっかりしてます
[PR]
by higo1965 | 2011-04-25 22:32 | 「駒 肥後守
真鍮鞘 鞘長80mm 刃厚1.5mm 重さ16g

チキリ潰有穴無 両側菊座金

状態C

a0185556_13255641.jpg


真鍮鞘の縦折 タガネ銘です

a0185556_13272221.jpg


現在、手持ちの肥後守の中では恐らく一番古いモノです
入手時、やや目の粗い紙ヤスリのようなもので磨いた痕跡があり
荒いヘアラインで、ちよっと見苦しい状態でした
真鍮の古びが好きなので、真鍮鞘の場合は滅多に磨いたりはしませんが
荒いヘアラインが気になるのでコンパウンドで磨きました
あんまり磨くとヘアラインも目立たなくなる代わりに刻印もやばいのでホドホドに・・・

「登録商標」は打刻印ですが、「肥後守」の部分だけはタガネで切ってあります
刃はトンガリですが、なぜか刃が波打っている状態・・・・
これじゃ、砥げないじゃん・・・
刃厚は薄く、全鋼っぽいです
それに材質が軟そう・・・・
鞘も柔らかい真鍮のせいでもありますが薄くて変に握りしめるとひん曲がります・・・
チキリは、とても薄く叩いてあります
チキリ穴はありません
菊座金が両側にあり座金も真鍮製です
時代的には刻印が全面的に打刻印に移行する前の大正の頃ではないかなと思ってます

それにしてもアレですね
これだけ古い頃の肥後守だと鉄鞘ではボロボロに錆びて
よほどの事がない限り状態が良いものはないけど
真鍮鞘だと、これくらいは当時の姿を残してくれるんですよね
やっぱ真鍮鞘がデフォルトですねぇ
[PR]
by higo1965 | 2011-04-22 14:04 | 素性不明 縦折肥後

金文字仕上げ三半円黒鞘 鞘長98.5mm 刃厚1.8mm 重さ35mm

チキリ潰有紐穴有 座金無

状態A+

a0185556_23324100.jpg


鞘にほんの少しのサビ浮きがある程度で
ほんどファインに近い状態

a0185556_2336252.jpg


裏面には「本手打品」と刻印があります
刃材は悪くないものも、全鋼です

a0185556_23373496.jpg


わずかに痕跡がある程度ですが、金文字仕上げのようです

a0185556_23384424.jpg


↑ 最初、手にした時は平座金があるようだと思ったのですが
座金はありません
座金があるように見えたのは、鞘に座金サイズに丸く打たれているだけでした
もしかしたらこの個体だけ座金入れ忘れかな思ったのですが
後に骨董市で同じように座金無しの個体を見かけました
(刃が、ほぼ真ん中から折れてたので購入してませんが・・・)
ヤマ平は、サイズ違いやメッキ違いなどの他
割といくつかの刻印違いが存在するようです
コチラでは ほとんど見かけない銘柄です
[PR]
by higo1965 | 2011-04-19 23:53 | ∧平 肥後守
ステンレス鞘 鞘長98.5mm 刃厚2mm 重さ39g

チキリ潰有穴有 両側平座金

状態A-

a0185556_2237336.jpg


ヤフオクで複数本、まとめて落札の1本
すんなり落札
送料込みでも安くついたです

a0185556_22413052.jpg


刃は少々の砥ぎ減りがあり、サビもありましたが
刃サビを適当に落としてみると利器材のラインが確認できました
鞘には一切のサビがなく、まずステンレス鞘と考えて間違いなさそうです
鞘だけに限って言えば状態は、かなり美品です
鞘の厚みは1.2mmあり、すこぶる頑丈
両側に平座金で鳩目は細いけども丁寧な気がします
チキリは薄く叩いてありチキリ穴もあります
縦折としては比較的、新しい頃の作ではないかと思いますが
それでも昭和30年代後半くらいでしようか?
[PR]
by higo1965 | 2011-04-16 23:01 | 白鷹 肥後守
黒鞘(いぶし銀色) 鞘長83mm 刃厚1.7mm 重さ19g

チキリ潰無穴無 紐穴有 座金無

状態ファイン

a0185556_1952288.jpg


「青空レトロ雑貨店」のririさんから送って頂いた肥後三菱です
デッドストックで とてもファイン
ririさんは主婦から古物商に転身、生活雑貨や古道具系が主力です
転身前からのブログ友ですから、結構 古いお付き合いですね

a0185556_2011193.jpg


鞘は黒鞘系ですが、いささか毛並みが違いいぶし銀なメッキ
ちよっと不思議な色合いです
刃材から考察すると、宗近系ではないかと思われます
肥後三菱ってコチラでは全く見かけませんね

僕が子供の頃は三菱鉛筆が主流で
鉛筆削り=肥後系ナイフ 
なんて発想な頭ですから、三菱鉛筆と、なんらかの関係があるのかなと思ったけど
どうも関係は一切なさそうです
もし関係があるとしたらマークは、スリーダイヤのはずですから・・・
三菱鉛筆は三菱グループとは全く関係がない企業ですが
スリーダイヤのマークは三菱グループよりも先に使用してます
この肥後三菱のマークは「三階菱」あるいは「重ね三階菱」とほぼ同じですが
「重ね三階菱」は三菱グループ創業者とも言える岩崎家の家紋です

ともかく三菱関連の企業とは関係かなさそうな名称パクリ系と思いますが
三菱創業者の家紋+三菱名称コソーリとパクリ=肥後三菱
こんな発想で作られた肥後ナイフなら遊び心あるなぁと思います
[PR]
by higo1965 | 2011-04-14 20:49 | 肥後三菱

◇TO 登録 肥後守

梨地肌メッキ三半円鞘 鞘長98mm 刃厚2.2mm 重さ37g

チキリ潰有穴無 両側平座金

状態A+

a0185556_227131.jpg


骨董店モノ
状態は美品の範疇で
鳩目、刃にわずかにサビがあった程度

a0185556_2292674.jpg


鞘のメッキは梨地肌で、メッキの質は良いです
刃材質は全鋼、チキリは潰してあります
両側に鉄製の座金あり
調べてみると販売元は小野市の宮永商店
縦折も存在し、横折もサイズ違いなどあるようです
[PR]
by higo1965 | 2011-04-12 22:23 | ◇TO 肥後守
昵懇にさせてもらっている家屋解体専門の古物商さんから電話があり
仲間の業者が肥後守、一気に出てきたから引き取ってくれと・・・
縦折が多いからと聞いて、現在は実に仕事が忙しいのだけど

飛んでいきました・・・・

a0185556_21555439.jpg


ダブりがあればいらないので選別するつもりだったけど
横折も含めて、持ってないのばかりだったので
全部、引き取りました

オマケ的なスポーツナイフ系を除いて
縦折10本
横折10本

解体家屋から出てくるブツだからサビなどはあるけど
リペアすればいいし、それもまた楽しいものです

電話くれた古物商のオッサンは仲間の好意で預かっているから
少し高めだけど、いいか?
と言われるが、それでもかなり安くしてもらってます

仕事疲れなんか吹き飛びます
ニコニコしてます
[PR]
by higo1965 | 2011-04-10 22:13

商標 「長 肥後 別製

鉄鞘 鞘長82mm 刃厚1.6mm 重さ15g

チキリ潰有穴無 紐穴有 座金無

状態D-

a0185556_20452195.jpg


入手時 ↓

a0185556_20461798.jpg


もうすごいサビサビで、刻印のほとんどが読み取れず
ただ、「長」という字が確認できて、「長」刻印の肥後守は持っていないので
お迎え・・
ひたすらサビ鞘を磨き上げ、砥石に当てました

a0185556_20494080.jpg


なんとか刻印が読み取れるまでは磨きました
モノは典型的な学童用で座金などは無し
チキリは俵状に潰してあります
刃材は全鋼のようで、あまり良い刃材ではないようです
この手のカネ長には真鍮色メッキなどがあるようですが
この個体はサビサビすぎて元の鞘色などは分かりません
[PR]
by higo1965 | 2011-04-09 20:56 | 「長 肥後