砂糖太郎の肥後守      higo1965@excite.co.jp  


by higo1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

割込 黒鞘120mm 刃厚3mm 重さ68g

チキリ潰し有 穴無

状態 ファイン

a0185556_15545056.jpg


a0185556_15552320.jpg


a0185556_15555262.jpg


これも販売元・藤原産業モノです
ホームセンター購入品ですが 全鋼は多いのですが割込はあんまり見かけません
刃に本割込とタガネ印があります
解せないのは 全鋼の同サイズと割込同サイズの価格が全く同じてことです
この個体は 畑で収穫する際に良く使います
使った後は チャッチャッと軽く砥いでおかないと作物の汁付着で錆が早い・・・
[PR]
by higo1965 | 2010-12-31 16:11 | 「駒 肥後守
全鋼 黒鞘120mm 刃厚2.9mm 重さ66g

チキリ潰し有 穴無

状態 ファイン

a0185556_15242670.jpg


a0185556_1526594.jpg


a0185556_1531434.jpg


当地ではホームセンターで普通に売ってます
黒鞘で刻印は細字の金文字「登録商標・肥後守 定駒」
販売元が藤原産業となってます
ソフトビニール入りで650円前後だった記憶してます
肥後守を名乗っている以上は永尾駒製作所製とは思いますが
販売元が別なのは、これが初めて見ました
三年前くらいからよく見かけまして、以前はクロムメッキ鞘が多かったような・・・
いつのまには最近は黒鞘しか見かけなくなりました。
こんなことならクロムメッキ鞘も買っておけばよかった・・・

近頃は この肥後守を日常使いにしてます
[PR]
by higo1965 | 2010-12-31 15:47 | 「駒 肥後守
クロム鞘120mm 刃厚2.5mm 重さ64g 全鋼

チキリ潰し有 穴無

状態 ファイン

「剣聖 宮本武蔵」シリーズの最廉価版、少し足を伸ばした建具店で購入したものです
利器材ではないです。
当地においてはほとんど見かけません。

同じ規格の武蔵を2本 手持ちしてますが
2本画像張ります

a0185556_2034105.jpg


a0185556_20344218.jpg


宮本武蔵の廉価版の刻印は基本的に2枚目のようです
1枚目の刻印は高級品に見られる刻印のようです

大きな違いは
武蔵の後の刻印 恐らく花押をデザインしていると思うのですが
拡大してみます

a0185556_20415419.jpg


a0185556_20421742.jpg


漢字の馬っぽい刻印と
花っぽい刻印との違いがあります

武蔵の高級品は馬っぽい刻印ばっかで 花っぽい刻印は廉価版でしか見たことがありません

しかし・・・

これ花押だとすれば あの剣豪・宮本武蔵の花押でもデザインしたのかなとも思ったけど
実際の剣豪・武蔵の花押とは違うようです
とは言っても 昔の武士は生涯に花押を数回変更するのが常ですから
武蔵が生涯使ったであろう花押すべてを知るわけではありませんので
「コレ剣豪・武蔵の花押じゃないなー 適当にデザインしたのかなー」
なんて言えるわけではありません

これらの個体 同サイズの全鋼カネ駒より安いですが
カネ駒よりは作りが良いと思います
[PR]
by higo1965 | 2010-12-30 21:18 | 宮本製作所
普通のカネ駒のクロム大です

a0185556_21375619.jpg


画像の2本は いずれも縦字36mm物でバラ売り品です

刻印が太字っぽいの 刻印が細字っぽいものがあったりします
画像じゃ分かりづらいかもしれませんが
右がケガキのように細字傾向の肥後
左が、あたかもしっかりプレスしましたよ的な太字傾向の肥後です

最初は たんなるプレス圧の違いで刻印のタネは同じと思ったのですが・・・
どうも なんか違うような・・・
北宋銭選別に使っていたルーペでシゲシゲと眺めてみました

ルーペで見たら簡単だったです

刻印のタネが違いました

こんな細かい違いの個体もあるんだ・・・

きりがないですねぇ
[PR]
by higo1965 | 2010-12-29 21:53 | 「駒 肥後守

〇ス 登録 肥後守

全鋼 クロム柄三半円 柄長98mm 刃厚2.8mm 重さ45g

チキリ潰し有 穴無し

状態 ファイン

a0185556_19294129.jpg


a0185556_19301199.jpg


カネ駒のOEM肥後守らしいです
地元近くで購入 残り3本だったのですべて購入しました
ばら売りでしたが ばら売り用の箱も頂きました
廉価版カネ駒ばら売り用の箱でした その辺りは、いかにもOEM肥後らしいですね
購入した3本の個体とも 丸ス 登録 肥後守の「登録」の刻印が薄いのが残念ですが
これも安価な肥後守の味かもしれません
また店頭ストック新品といえども 裸売りのクロムメッキはガチャガチャされるのか
細かい擦り傷が出ますね これもまた味かもしれません
[PR]
by higo1965 | 2010-12-28 19:51 | 〇ス 肥後守
割込 クロム鞘長 84mm   刃幅 3mm 重さ 31g

チキリ潰し有 穴有

状態 ファイン

a0185556_1915106.jpg


a0185556_19155978.jpg


刃の刻印が深く打たれ実に読み取りづらいですが 割込とあります。

a0185556_19163339.jpg


反対側には 特別鍛品と打たれてます。

a0185556_19195626.jpg


チキリには穴があります。

a0185556_19171510.jpg


この個体の紙箱ですが 画像でお分かりでしようか?
箱の上面にカネ駒のシールが貼り付けてあります。

a0185556_19174936.jpg


少しずれてシール貼り付けてあるので 上面は元々 緑色と分かります。

a0185556_19182026.jpg


手持ちの在庫の中から 痛みが激しい箱に犠牲になってもらい
カネ駒のシールを剥がしてみました。
気になったからです・・・
緑の面に 高級肥後守 と白字でありました。
カネ駒と違う肥後守の紙箱を流用でしようか・・・?
この手の紙箱は見たことがありません ご存知の方いませかん・・・


この個体を購入したのは 今から二年前ほど近くの店です
古い店です
いささか印象が違う肥後守のため ずーっと気になってたのですが
最近になって チト本格的に調べる気になりました
けども この個体と同様の 特別鍛品銘の個体はコレクターのHPで見かけましたが
チキリに穴があるのは見かけませんでした
どうも掘り出し物の臭いがプンプンです
先日 対象の店に行き在庫残りを購入しました
そして2本 愛知の収集家宅へお嫁に行きました
そして このサイズは今は絶版でチキリに穴があるのが珍しいとお言葉頂きました
また シールを貼り付けてある紙箱も初めてらしいです
20年あまりもの収集歴がある方が 喜んで頂けただけで幸せです。
[PR]
by higo1965 | 2010-12-27 19:56 | 「駒 肥後守
カネ駒 クーロム鞘三半円 鞘長98mm 刃厚3.1mm 重さ47g 全鋼

状態 ファインからA-まで複数あり

a0185556_17535196.jpg


a0185556_17541993.jpg


a0185556_17544668.jpg


300円で入手

ごく普通の肥後守 全鋼は案外、最近は見かけません
同サイズの割込が 500円~600円台なら良く見かけますが・・・
へたったバラ売り用の箱には 315円のラベルがあるけど
店のオバチャンは「最後の一本だし」と15円おまけ・・・
油紙で包んであったけど 少し刃に錆が浮いてます
最後の一本なので へたった箱もお持ち帰り
[PR]
by higo1965 | 2010-12-26 18:14 | 「駒 肥後守
真鍮鞘 鞘長103.5mm 刃幅2.6mm 重さ 53g 青紙割込 

チキリ潰し有 穴無し 紐穴無

状態 ファイン

a0185556_14553613.jpg


a0185556_14574048.jpg


価格1200円で入手

サイズ的には「大」なんでしようけど
真鍮鞘の形が現行の「大」とは違いますね
鞘の形は「特大」タイプです
おまけに紐通し穴がありません


追記これは「大大」サイズだそうです
現在は このサイズを作っていないらしく市場の出回っているのは在庫分のみらしいとの事です
[PR]
by higo1965 | 2010-12-26 14:59 | 「駒 肥後守

ご挨拶

このブログは 和式ナイフの肥後守のみです
ですがコレクションと言うほど 持ってません
木っ端恥ずかしいほど持っていません

およそ肥後守の範疇であれば 紹介していきます
学童用のバッタモン的なチープな肥後守タイプも萌えます
ですが くどいようですがコレクションと言うほど 持ってません
なので 更新はかなり亀だと思います

出来るだけ自分の足で 探してます
オークションもいいけど 自分の目で探すのに至福を感じている奇特な人物です

できるだけ丁寧に写真撮影してUPします

各寸法のデータは あくまで手持ちの個体です
手作りなので同じサイズ・タイプの肥後守でもチト誤差がアリアリです
また なんらかの解説があっても大間違いはありえます
まだまだ基本的なこともよく知らない上に 昔は無数に肥後守タイプが存在したからです
間違い指摘は歓迎です

寸法はデジタルノギス
重さは電子秤を用います

熊本北部が拠点です
九州において 肥後守情報はありがたいです
また 肥後守よく見かける骨董店の情報も歓迎です
熊本北部より遠い場合は 行けない可能性のほうが大ですが情報は歓迎

当地珍度
なんてのも記します
↑ 記載止めます

なにしろ どこにいってもカネ駒と 隆義が多く
それ以外の銘柄肥後は、どうしても珍しくなるからです。

代わりに 手持ち個体の状態を自分なりに記してます
自分用の記録の意味合いのブログでもあるし 最近は健忘気味で・・・
自分なりのランク付けとして

●ファイン とても状態が良くすばらしい個体 新品 デッドストック問わず
●A 美品の範疇 
●B 割と、いいんでないけ?的な位置
●C 少し残念な子みたいな位置
●D あかんけど 我慢汁! みたいな位置
ちなみに A+ みたいな記載は限りなくファインだけどチト欠点があるみたいな位置です
なのでA- だと美品だけど、並品にやや近いモノがあるて感じですかね
そんな意味合いです

ファイン
A+
A
A-
B+
B
B-
C+
C
C-
D+
D
D-
13個のランク付けということになります・・・


貧乏なので 高価な肥後守は手が出せません
てか 肥後守は元々 安価なモノです
この概念が抜けません
オークションで 戦前タイプや珍しいモノなどかなり高価で出てますが
いくら希少性があれども 手が出しようもありません
くどいようですが 貧乏です 地道に探すしかありません
ですが オークションでないと手に入れにくモノが多いのも事実です
ほとんど 資料目的でコソーリ画像保存だけで我慢してます


それでは 宜しくお願いします。
[PR]
by higo1965 | 2010-12-25 22:54 | 初めて訪れた方へご挨拶