砂糖太郎の肥後守      higo1965@excite.co.jp  


by higo1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:「井 肥後守( 4 )

(左) 全鋼 メッキ三半円鞘 鞘長92.5mm 刃厚2.1mm 重さ31g

チキ潰有 穴無

状態A+

(右) 全鋼 メッキ三半円鞘 鞘長93mm 刃厚2mm 重さ28g

チキリ潰有 穴無

状態A-

a0185556_22471537.jpg


一般的に「中」サイズのカネ井の全鋼です
長年、店舗放置プレーなので経年的な埃ヨゴレはありますが、美品の範疇
カネ井のなかで、もっとも発見率が低いブツかなと思ってます

たまたま整理してたら同じ「中」サイズでも手変わりがあるようなので2本並べてみました

a0185556_2256128.jpg


鞘の三半円の位置がまるで違います
紐穴の大きさも違います

a0185556_22584931.jpg


平座金も違い、一方は真鍮色座金ですが、もうひとつは画像ではさっぱり分かりませんが
アルミ合金素材ネジなんかで見られる安っぽい虹色を放つ色合いの座金です

a0185556_2364684.jpg


左の個体チキリは、丁寧に潰してありますが
右の個体チキリは、ヤツケ仕事的・・・
まだ整理中で、これらの二点とも砥石に当ててもいませんが
けど、丁寧にチキリ潰してある個体の刃の素材が実に安っぽいです
どうしょうもない学童用の宗近系に勝るとも劣らない素材っぽい感じです・・・
これホントにカネ駒OEMなの?
と、言いたくなるほど安っぽい刃材です
右の個体は、経年的なヨゴレが目立ちますが
刃材はこちらがまともですね

余談ですが
経年的な埃ヨゴレは、あんがい拭き上げるだけでは綺麗に落ちません
灯油に漬け込んでおくと自然な感じに綺麗に落ちますケド
臭くてかないません
灯油から引き上げたら、すぐに中性洗剤でよーく、くどいほど水洗いして
ドライヤーですぐに乾かします
金属の肥後守はすぐに熱くなるので要加減、焼きが戻るじゃないかと思うほど熱くなります
なので、水分飛ばす感覚で短時間でokです
自然乾燥だと刃サビの原因になります
あとは刃にサビがあれば砥石に当てたりした後、椿油を染み込ませたウエスで拭き上げます
鞘に貰いサビや軽いサビ程度のものがあれば
麻袋のきれっぱしに椿油を染み込ませて拭き上げると、案外ラクに落ちます
厄介なのは鞘などの深いサビ・・・
刃は研げばなんとかなりますけど・・・
鞘の深いサビなどには尖ったピンでホジボシしたり
カッターナイフの先端などでゴリゴリしたり、丁寧にサビを落とします
可能な限り落としておかないと後で困るかもしれません
面倒なのは鞘の内側のサビ・・・
見えない所ですが、必ずサビは落とします
精密マイナスドライバーだの金属ヘラだの、ちっこいヤスリだのリューターだの色々と動員します・・・
あらかたサビが落ちたら椿油を塗布しときますが
当然、メッキ鞘ならメッキも剥げている訳ですから時にはマニキュア透明色でコーテングするときもあります

我流です はい
[PR]
by higo1965 | 2011-02-14 00:06 | 「井 肥後守
カネ井の特大サイズ(全鋼)の肥後守ですが

少なくとも刻印長違いを二種確認してます

a0185556_12541129.jpg


画像 右の刻印長約50mm
(刻印の割込部分がはっきりせずおよそです)

画像 真ん中 刻印長約40mm

画像 左 刻印約40mm

右の個体
カネ井も発見率は低いですが、その中で特大サイズでは一番多く見られたタイプです
刻印が太く潰れた印象の個体が多し
平座金は両側にあり、鳩目は丸く打ってあり比較的、丁寧

真ん中の個体
刻印がはっきりしており刻印長さは右の個体よりも短く細字
平座金は両側にちゃんとありますが、太いピンを刺して軽く叩いただけでヤッケ仕事的
紐穴付近の幅が右の個体より2mmほど幅広なためシルエット印象が違う
また紐穴が太いもの印象の違いを醸しだしてます

左の個体は、おそらく真ん中と同じ規格でしようが
刻印タネの磨耗のせいでしようけど刻印が太めで実物はかなり印象が違います
ちなみにこの個体に限っては、刃を収めているとき
切っ先が紐穴を干渉するほど長め・・・
これじゃ、紐穴にヒモ通すことができません・・・

a0185556_13315486.jpg


いずれも、カネ駒ばら売り箱入りだったので資料の通りカネ駒OEMでしよう
[PR]
by higo1965 | 2011-02-12 13:54 | 「井 肥後守

カネ井登録肥後守 大

全鋼 クロム鞘三半円 鞘長98mm 刃厚2.1mm 重さ40g

チキリ潰し有穴無

状態 ファイン

a0185556_20501988.jpg


同品サイズ特大と同様、よい肥後守と思います。
ただ これらも刻印の不鮮明さは残念ですね。
[PR]
by higo1965 | 2011-01-09 20:58 | 「井 肥後守

カネ井登録肥後守 特大

全鋼 クロム鞘 鞘長120mm 刃厚2.8mm 重さ66g

チキリ潰し有 穴無

状態 ファイン

a0185556_21354333.jpg


刻印が割りと不明瞭
「井 の刻印上に 「割込」の「込」の一部が見れますがこの固体は全鋼です
ちゃんと割込のカネ井はあるようです まだ入手してませんけど・・・
現時点で、この肥後守を置いてあった店は二軒でしたが すべて吟味して選ぶも
刻印 不明瞭
HPなどで見れた画像もほとんど同じくらい刻印が不明瞭な様子です
カネ駒などは、刻印のタネが磨耗してくると交換するらしいですが
(てか それが普通と思いますけど・・・)
推測ですが どうもカネ井は刻印交換せずに打ってたのでは・・・
などと思ったりします
だとすれば 初期ロットに近いほど刻印は明瞭なはず・・・

しかし いい肥後守だと思います
刃はカネ駒の同等品よりは丁寧処理してると思います
ただカネ駒を基準にするとカシメがいささかゆるい傾向の個体が多いようでした
手首の返しだけで刃が出てくるもありました
「三木市井上工具」という所が出荷元でカネ駒OEMらしいのですが なんか印象が違うんですよねぇ
カネ駒OEMらしくない仕上がりです
[PR]
by higo1965 | 2011-01-08 22:30 | 「井 肥後守