砂糖太郎の肥後守      higo1965@excite.co.jp  


by higo1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:素性不明 縦折肥後( 1 )

真鍮鞘 鞘長80mm 刃厚1.5mm 重さ16g

チキリ潰有穴無 両側菊座金

状態C

a0185556_13255641.jpg


真鍮鞘の縦折 タガネ銘です

a0185556_13272221.jpg


現在、手持ちの肥後守の中では恐らく一番古いモノです
入手時、やや目の粗い紙ヤスリのようなもので磨いた痕跡があり
荒いヘアラインで、ちよっと見苦しい状態でした
真鍮の古びが好きなので、真鍮鞘の場合は滅多に磨いたりはしませんが
荒いヘアラインが気になるのでコンパウンドで磨きました
あんまり磨くとヘアラインも目立たなくなる代わりに刻印もやばいのでホドホドに・・・

「登録商標」は打刻印ですが、「肥後守」の部分だけはタガネで切ってあります
刃はトンガリですが、なぜか刃が波打っている状態・・・・
これじゃ、砥げないじゃん・・・
刃厚は薄く、全鋼っぽいです
それに材質が軟そう・・・・
鞘も柔らかい真鍮のせいでもありますが薄くて変に握りしめるとひん曲がります・・・
チキリは、とても薄く叩いてあります
チキリ穴はありません
菊座金が両側にあり座金も真鍮製です
時代的には刻印が全面的に打刻印に移行する前の大正の頃ではないかなと思ってます

それにしてもアレですね
これだけ古い頃の肥後守だと鉄鞘ではボロボロに錆びて
よほどの事がない限り状態が良いものはないけど
真鍮鞘だと、これくらいは当時の姿を残してくれるんですよね
やっぱ真鍮鞘がデフォルトですねぇ
[PR]
by higo1965 | 2011-04-22 14:04 | 素性不明 縦折肥後