砂糖太郎の肥後守      higo1965@excite.co.jp  


by higo1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:奥球磨肥後小刀( 2 )

奥球磨肥後小刀 ②

白紙鍛造 ステンレス焼肌 鞘長120mm 刃厚峰4.2mm しのぎ部分4.6mm

重さ116g チキリ潰有 穴無

a0185556_204989.jpg


すみません フラッシュで、なんだか小汚く写ってしまい・・・
実際の鞘は焼肌仕上げ無骨ながらも、小汚くはないです・・・

a0185556_2083180.jpg


刃の仕上げ綺麗です

a0185556_20334138.jpg


ロに秀の刻印
上米良鍛冶屋 三代目の刻印です

これらの上米良鍛冶屋製作の肥後小刀を木っ端木をサクサク削りながら感じたことは

丁寧に砥いであるので食い込んで スーッとストレスなく切れます
刃が鈍くなったとき自分の研ぎの腕が問われそうです・・・

鞘の幅が約25mmありホールドしやすい
ただ、刃渡り約85mm全長約210mmなんですが
(昨日、紹介した奥球磨肥後小刀①も刃渡り約85mm)
鞘がもう15mmほど長いほうが、もっとホールド感があるかも・・・
チキリが大きいうえに長めで(チキリ長さ約27mm)チキリを先端で押さえるか
後ろで押さえるかでホールド感が違ってきます
チキリを先端近くで押さえるならばいいのですが、チキリ真ん中から後ろに近いほうで押さえると
小指が全くかからず、かなり安定感に差がでます
もっともこれは手の大きさなど個人差かあるのでアレですが・・・

またステンレス鞘ですが、カネ駒のように大量生産ではないのでプレス加工で曲げません
トンカンチンとたたき出し曲げ加工だそうです
鞘に叩き跡は少ながらずありますが、それはいい味だと個人的には思います
けど、あまり叩き跡はないほうで実に丁寧だと思います
鞘縁も丁寧にヤスリ加工されており好感が持てます
1.5mmと厚みもあり丈夫です
ただ気になる点は、ステンレスはサビに強い素材ですが
曲げ部分は、曲げる際にステンレスの組織が変わるのでその部分がサビ易くなるはず・・
実際、鞘の内側曲げ部分にはその兆候があります
それに焼くので、鞘全体的にステンレス組織が変わっている可能性があり
(ステンレス製品で、よく溶接部分からサビるのは熱による組織変化が原因だそうです)
鉄鞘よりもサビやすい事はないでしようけどステンレス鞘だからといって
メンテナンスフリーではありませんね
そもそもステンレスて決してサビないわけではなしい
ちやんとメンテナンスしてれば問題なし
てか、肥後ってメンテしながら使うのが楽しいもんです

しかしアレです

なんかこう・・・

色々書きましたが

いいですよ コレ

オーダーを考えてます
じっくり考えてます

はい
[PR]
by higo1965 | 2011-03-03 22:08 | 奥球磨肥後小刀

奥球磨肥後小刀 ①

前日、この日に熊本市内で奥球磨物産展があることを知り
更に上米良鍛冶屋さんが出店されるのを知りまして・・・

上米良鍛冶屋さんは熊本県の南部の球磨地方に位置し
宮崎県や鹿児島県に近い地方の鍛冶屋さんです
んで肥後型のカスタムも作ってくれる鍛冶屋さん
僕も熊本県在住ですが、北部なんで球磨地方はかなり遠いんです・・・
出店を知った昨日の時点で上米良鍛冶屋さんに手持ちの肥後小刀を全部持ってきて下さい
と、電話して・・・

さて・・・当日はオレ仕事なんだけど・・・・

こうなったら・・・アレです・・・


サボるか

うん そうしよう

熊本市内の福祉用品レンタル会社に用件がある
なので 行ってくる・・・
と、適当なことを言ってサボりました



ごめんなさい

a0185556_2252951.jpg


ほとんど農作物などの出店で えらい賑わってました
奥の方に上米良鍛冶屋さんが出店されてました

6点ほどの肥後小刀がありまして
手に取ると・・・

なかなか良い・・・

三代目さんがおられまして色々とお話しました
コチラの質問にポンポンと明確に答えられ
なんといっても刃物に対する真摯な態度が感じられました

そもそもの目的は
肥後守をボチボチと集めてはいるのですが
なんとなく、自分がオーダーしたカスタム肥後が欲しいなぁ・・・
と思ってました
んで、実際の上米良鍛冶屋さん作の肥後小刀を見てみたいと思ったのが目的です

せっかく来たので2点、出展の肥後小刀を買い求めました

白紙鍛造 ステンレス焼肌鞘長115mm 刃厚峰部分4mm しのぎ部分4.5mm 重さ113g

チキリ潰 穴無

a0185556_22254369.jpg


なんか・・・小汚く写ってしまいました・・・すみません

a0185556_22272682.jpg


なんか・・これも小汚く見えますね・・・すみません

a0185556_22285572.jpg


コチラが実物に近く写ってます・・・写真ヘタで どうもすみません・・・

a0185556_2230505.jpg


チキリの仕上げがとても丁寧です
この大きさはいいですね
てか、こんなにチキリが大きくなくても押さえのチカラ要らずに切れます・・
刃は、しっとりと食い込むような切れ味です
僕のような畑の支柱だのワナ猟では仕掛けに用いる竹ひご・・・
竹ばっか相手の使い手には良い感じです
ステンレス鞘ですが焼肌で無骨なイメージ
鞘の厚みは1.5mmあるので頑丈
以前はワッシャー入れてなかったそうですが近年は両側にあります
鳩目の仕事も丁寧です

割と特注はあるらしく、笹刃とかチキリ穴ありとか色々と要望に応じて作られているそうです
出展物を2点買ったわけですが 鞘長がカネ駒特大サイズ程度の大きさですが
本鍛造品としては、そんなにびっくりするほどの高値ではありません
刃材質とかで違ったりはするでしようけど、今回、購入した白紙でカネ駒特大相当サイズなら
特注されても送料含めても諭吉1人で十分お釣がくる価格です
カネ駒ジャンボサイズ相当の大きさでもプラス千円くらいでいいらしいです
細かい要望も可能な限り応じられます

本鍛造で自分の思い描くカスタムが所望な方は、うってつけではないでしようか?
興味がある方は

上米良鍛冶屋で検索をどうぞ
HPもありますから
[PR]
by higo1965 | 2011-03-02 23:24 | 奥球磨肥後小刀